V小説。

□身体がソレを覚えた日。
1ページ/1ページ

「沙我くんさぁ、ココとか好きでしょお??」

「んあっ…ばっ…か、やめっ!!」

「あれ??素直じゃなぃじゃんっ。気持ちぃ時は気持ちぃって言わなきゃ」

「んなっ!!…言えねぇょバカ…」

「そんなバカバカ言われたらヘコむなぁ。ほら、ココ気持ちぃんじゃなぃの??」

「あぁっwんっ…きもちぃ…」

「ちゃんと言えんじゃん。余裕なぃから激しくするょ」

「え??…ああぁぁーっ!!んあっ!!ばっ…あっ…おかしくなっ…るって…あっ!!…と…とらぁ…」

なんで俺、こんな声出して喘いでんだろ…

男のくせに…

男相手に…

狭いソファーの上に俺の身体を捩じ伏せて、

俺の足を卑猥な角度で広げて、

立派な体格にしっかりと見合う立派なモノを俺の体内に収めて、

男前フェイスに汗を滲ませて、

激しく腰を振るアリス九號下手ギター。

「あー、すっげぇいぃっ。ほら、もっと声聞かせろってばっ」

なんでコイツ、こんな上手いんだょ…

「んんっはぁっ…ああっ…そこばっか…やめっ、あぁっ!!」

つーか俺、なんでこんな感じちゃってんだょっ…

「沙我くんの中、めちゃくちゃ熱ぃっ…トロトロんなってるょ??自分で分かる??」

「うるっ…せっ…あっ、言うなぁー」

「俺にこぉゆコトされんの、前から期待してたでしょ??知ってるよ??」

「なっ!!…んなわけ…なぃ…だろばかっ…あぁっ…あっ…」

「否定するわりには喜んでるみたぃだけどぉ??」

「違っ!!…あぁーっ、んっ…」

「違わなぃじゃん。ココこんなにして…」

長い指が、硬く成長した俺のモノをなぞる。

虎氏って、こんな奴だったっけか、と、

朦朧とした頭で考える。

目の前の男は、俺の片足を肩に担いで、さっきからイィトコばっか突いてくる。

俺の身体に耐えず凄まじい快感が走る。

つま先に力が入って、下半身がガクガク言ってる。

中途半端に触られた俺の核は、元気に上を向いて、更なる刺激を求めて疼いてる。

悔しぃんだけどさ…

悔しいんだけど、

正直、死ぬほど気持ちぃ。…

「あぁっ…んっ…はぁっあっ…もぉ…虎氏俺もぉ…イっ…あっ!!」

「俺もイキそっ…中で出していぃ??」

無意識にコクコクしてる俺。

髪を振り乱しながら、さらに激しく腰を打ち付けてくる虎氏。

「あっあっ、だめっ、イクっ、あっ、ああぁぁーっ!!!!」

俺の絶頂が飛び散って、周りを白く汚す。

「俺ももぉ出るょ…んっ…はぁっ!!」

虎氏の短ぃ呻き声と共に、俺の体内に暖かいものが流れ込む。

ぐったりとソファーに倒れ込んで、荒い息を整える俺に、虎氏が優しく唇を重ねてくる。

「ねぇ??」

「ん??」

「なんで俺なの??」

長いキスの後で、

心地良い快楽の余韻の中で、

今更だょなと思いつつ問いかけてみる。

「好きんなんのに、理由なんてねぇよっ…」

「俺のこと、好きなの??」

「好きじゃダメ??」

「だめ…ではなぃ…けど…」

「けど??」

「ぃや、何でもなぃっ」

言えるわけねぇだろ…

「狡い」なんて…

こんなん知っちゃったらさ、

こんなの、体が覚えちゃったら、

またシテ欲しくなるだろなんて…

言えるわけねぇよバカっ!!

end.

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ