※月下の花番外編



「厄介な女がいるんだ」

人気のない事務室でそう渋い顔をしたのはオレの三個上の部隊長だった。話があると呼び出されたため任務の話かと思っていたが、出てきた畑違いの言葉にオレは目を瞬かせる。

部隊長は一枚の書類をオレに手渡した。忍者登録証の写し。それに貼り付けられた顔写真を見ておや、と思う。

「彼女、知っています。”時送り”ですよね」
「ご名答。そして今や九尾と並ぶ里の嫌われ者だ」

オレの二つ下で、サスケの三つ上。時を自在に動かせる忍びの末裔。その存在はアカデミーの時から有名だった。
実力は学年でもトップクラス。そして何より話題だったのは目を惹く容姿だ。立ち姿から指の先まで一部の隙もなく麗しく、見た者は術をかけられずとも時が止まると言われる程彼女は美しい女性だった。
しかし彼女には表情というものがまるでないのも特徴。顔は常に無。加えて時送りという血継限界持ちである。天使の顔をした悪魔、と揶揄されていたことは木ノ葉の忍びの間ではあまりにも有名である。

「木ノ葉の仲間として差別することなく隊に入れろ、という火影様からの御命令だ」
「……」
「しかし相手はあの時送り。いつ力を暴走させるかもわからない危険兵器」
「……」
「誰が好き好んで仲間にしたいと思うのか。上の考えていることは理解し難い」


わかりました、とオレは言った。ここまで聞けば話を理解するには十分である。


「オレの部隊に入れればいいんですね」
「…流石イタチ、察しがいいな」


貴方は厄介ごとをオレにいつも押し付けていますからね、と嫌味を言う気はない。
部隊長は肩の荷が降りたとでもいうように朗らかな顔つきで「頼んだぞ」と言った。



****


『はじめまして。これからよろしくお願い致します』

彼女はオレに向かって丁寧に頭を下げた。栗色の髪が揺れ、甘い香りが鼻先を掠める。
続いて大きな瞳がオレを射抜いた。ガラス製のように透き通った美しい瞳。まるでフランス人形のようだな、と見惚れてしまう。

『まさかイタチ先輩の部隊に入れていただけるなんて。光栄です』
「オレを知っているのか?」
『木ノ葉でイタチ先輩のような優秀な忍びを知らない人間なんていませんよ』

僅かに目尻を下げながら彼女は言った。笑っているのだということに数秒遅れて気づく。


『とんだ貧乏くじを引かされましたね』
「……。なんのことだ?」

とぼけるオレに、ふ、と空気を揺らす彼女。意外だ。確かに顔の筋肉の動きは乏しいが、オレときちんとコミュニケーションを取ろうとしているのはわかる。もっと高飛車な女かと思っていたが、そういうわけではなさそうである。
第一印象は、特段悪くない。

『早速ですが、今日の任務は?』
「今日は暗殺任務だ。不正に木ノ葉の情報を他国に漏洩している大名がいる」
『いきなりハードですね』

オレから書類を受け取り、真剣に目を通している。伏せられた瞼の先にある睫毛がとんでもなく長い。
まだ11歳の少女に違いないのに、妙な色気を感じさせられる。いい歳をした男どもが彼女の話題を酒のつまみに、抱きたい抱きたいとそれはそれは品無く騒いでいたのを思い出した。

大人びているのは、大人になるのを強いられたからだろう。オレと同じように。


『イタチ先輩?』

我に帰ると、大きな瞳がオレに向けられていた。もう書類の確認は終わったようだ。それを受け取りながら、咳払いをする。妙な罪悪感に襲われたのを誤魔化すためだ。

「今日はお前の実力を確認する意味合いもある。気を抜くな」
『イタチ先輩のお眼鏡に叶うかはわかりませんが、精進させていただきます』

遠慮がちな言葉を選びながら、彼女は紛う方なき優秀な忍びの顔をしていた。







『思ったより早く終わりましたね』
「早く終わらせたのはお前だろう」
『イタチ先輩様々ですよ』


任務からの帰り道、彼女は服についた血液をハンカチで丁寧に叩いている。こうしておくことで後で洗濯した時汚れが落ちやすくなるんですよ、と彼女は言った。その細やかなエチケットに彼女はやはりオレと違って女性なのだな、と思う。

彼女とツーマンセルの任務は、想像以上にスムーズだった。指示を出さずともオレの意を的確に汲み取り、サポートする力が抜群。直接手を下したのはオレだったが、彼女の尽力なくして今回の任務の成功はあり得なかっただろう。
時送りはオレが思った以上に、いや、里の皆の評価以上に優秀な忍びである。
今回の報告書は色々と筆が乗る作業になりそうだ。

時はまだ夕刻。深夜、或いは次の日までかかると思われた任務だったため、今後の予定はフリーである。
早く帰って休みたいと思う反面、まだなんとなく彼女と話してみたいという想いが湧く。決して邪な気持ちではなく、純粋に彼女のことがもっと知りたいという興味だ。

しかし、この場に留めておく気の利いたセリフも思い浮かばない。
考えを巡らせていると、ぐぅ、と静寂を裂く低い音。
彼女が今日、初めて動揺を見せた。


『…すみません。今日、実は寝坊して。朝ごはん食べてなくて』


ぷっ、と思わず吹き出してしまった。
寝坊したにしては、彼女の化粧や身繕いには一部の隙もない。朝食を食べるのは諦めたくせに、身嗜みだけは欠かさなかったようだ。如何にも女子らしいその選択がなんだか微笑ましかった。

『そんなに笑わないでくださいよぉ』

彼女は僅かに頬を桃色に染めながら顔を顰めている。別に馬鹿にしたわけではないのだが、彼女にとっては不快なリアクションだったようだ。
オレは口元を押さえながらすまない、と言った。

「何か食べていこうか」
『え、いいんですか?』

任務が終わったら即報告書を提出、が原則である。しかし任務は思った以上に早く片付いているし、飢えている後輩に食事を与えるのも先輩としての役割だろう。
オレは唇に人差し指をそっと押し当てた。

「火影様には内緒だぞ」


ぷっ、と今度は彼女が吹き出した。クスクスと笑う横顔。初めて見る、彼女の花のような笑顔。

時が、止まったかのようだった。


『意外に悪い男ですね、イタチ先輩』

彼女は口元を押さえながら、悪戯な眼差しでオレを上目遣いに見る。
オレは彼女から視線を逸らしながら足を一歩前に踏み出した。

「人聞きの悪いことを言うもんじゃない」
『冗談ですよ』

彼女はまだ笑いながら、『二人だけの秘密ですね』と色めかしく囁いた。
彼女のことを表情がない恐ろしい女、天使のような顔をした悪魔と言ったのは一体誰なのだろう。



皆に疎まれた時送りは、だれよりも華やかに笑うただの可憐な少女だった。








あの日から、彼女とオレは親しくなった。

「時送りとイタチはできている」と噂されたこともある。しかしそれは全くの誤解である。
家族のいない彼女はオレを兄のように慕っていた。身近に親しい友もおらず、肉親もいなかった彼女にとってオレのような頼れる先輩の存在は嬉しかったようだ。
イタチ先輩、イタチ先輩、と懐いてくる彼女のことをオレも妹のように可愛がった。

しかし、その関係も長くは続かない。

迫り来る”重要任務”。それが遂行されれば、彼女と顔を合わせることも二度とない。



そしてーーーその重要任務が執り行なわれるのは、明日だ。


『イタチ先輩?』

いつもの任務を終え、今日はきちんと報告書を提出してから向かった食事処。
彼女はいつもの狐うどんを頬張りながら首を傾げている。初めて狐うどんを頼んだ日から彼女はそれをいたく気に入り、オレと落ち合った時は必ずそれを頼んでいた。

彼女の視線がオレの手元に移る。全く進んでいない箸を疑問に思っている様子だ。オレは箸を持ち、無理やり米を口の中に押し込んだ。炊き立ての白米も、今日は口の中でボソボソと味気ない。

『どうかしましたか?』
「…いや、なんでもない」

彼女は瞳に疑問の色を残しながらもそれ以上追求してはこなかった。
膝を突き合わせて、無言で箸を進める。二人でする最後の食事なのに、ほとんど会話が交わされることはなかった。

会計を済ませ、二人で暖簾を潜る。どんよりと重い雲からしとしとと雨が降り始めていた。

『降ってきましたね』

彼女は懐から折り畳み傘を取り出した。流石、用意周到である。
反してオレは任務終わりに傘など持っているわけもない。走って帰るか、と思った矢先彼女がオレの目の前に傘を差し出した。

『入っていってください』
「…いや、オレは」

彼女が寂しげに眉を寄せる。その顔を見てしまったら、これ以上厚意を否定するのは躊躇われた。

どうせ最後なのだ。少しばかり無駄な時間を過ごしたってバチは当たらないだろう。

「じゃあ、頼む」
『!はいっ』

ぱっ、と花が咲く。
数ヶ月前までは知らなかった顔。いや、知ろうともしなかった、の間違いだ。

閉じ込められた雨の世界で、オレたちはお互いの呼吸音を聞いた。相変わらず会話はなかった。しかし、そんなことは全く気にならない程居心地が良い。オレの心の安寧は、今まさにここにあった。


『…雨、止みそうにないですね』


その言葉の裏に、止まないでほしいという意味が含まれている気がした。しかしそれはオレの思い上がりだと思い直し、一言そうだな、と答える。

この時間が永遠に続けばいい。そんな拙い願いを二人で胸に抱く。しかしそんなことが不可能だということもわかり切っていた。
この花のような少女に、オレはあまりにも情が湧きすぎている。それが血縁者である妹に対する情と表現するには些か不自然な感情だということも、オレはとうの昔に気づいていた。


彼女と過ごした陽だまりのような日々の中。
オレは、人に恋をするという感情を初めて知った。


それは偶然というにはあまりにも残酷で、必然というにはあまりにも虚しい恋だった。
そして彼女がオレに抱く感情はオレのものと異なることもよくわかっていた。
彼女は大人びて見えるだけで、心情は年相応に幼い。見ていればわかる。彼女はまるで、心の拠り所を”大人”に求めている迷子の子供のようだった。

オレがいなくなったら彼女はどうなるのだろう、というのは当然湧く愁事である。しかしオレにはどうしてやることもできない。オレは明日をもって里から追われる犯罪者になる。

時が流れ、いつかオレの知らないところで彼女が大人になって、彼女を本当に愛してくれる男に出会えることを願うことしかできない。願いたくなくとも、願わなければならない。





幸せな時間はあっさりと終焉を迎える。彼女の家の垣根が見え、それと同時に雨脚が強くなる。まるで二人の仲を裂くような、重くて冷たい雨。

玄関まで彼女を送り届け、そのまま傘を預けようとすると彼女が強い力でそれを押し返した。

『家まで持っていってください』

濡れちゃいますから、と彼女。
しかしその言葉を安易に受け入れることはできなかった。
明日、オレは里を抜ける。傘を借りたところで、もう二度と返すことはできない。

彼女は強い瞳でオレを見ている。その瞳を見て悟る。全て見透かされていると。おかしな話だ。彼女がオレの任務のことなんて知るはずはないのに。

無言のオレに、彼女はさらに強い力で傘を押し付ける。握った柄がひんやりと冷たかった。


『返すのはいつでもいいんです。明日でも、あさってでも、一ヶ月後でも』



『…でも、”いつか必ず返してくださいね”』


彼女は笑った。その顔は花と表現するにはあまりにも寂しく、儚い笑みだった。
オレは何も言えないまま、去りゆく彼女の後ろ姿を見た。まるで花が散ってしまったかのような、頼りなく華奢な背中。
いつまでも止まない雨の向こうで、彼女は雨に溶けるように静かに消えていった。




あの時の傘はまだ、返せていない。











“時送りは雲にいる”と聞いた時、婚姻したのだろうと直ぐに思い至った。
どうやら、自分を愛してくれる男と一緒になることができたようだ。その事実に安心する反面、心の何処かで寂しく思ってしまう自分がいることは否定できない。

リーダーは彼女の能力に目をつけた。組織に反するつもりはない。彼女の情報をオレは簡単に売った。
サソリさんとデイダラが彼女を拘束してくると聞いている。あの二人が相手では、いくら彼女でも手も足も出ないだろう。

仕方が無かった。8年前救えなかった彼女のことを、今更オレが救えるわけもない。




「イタチさん、どうかされましたか?」

隣の鬼鮫の声かけに我に帰る。いや、と返事をしながら空を見上げた。あの日のように分厚い雲が、今にも悲しみに泣き出しそうだ。


「雨が降りそうですね、急ぎましょう」


鬼鮫はそう言って歩調を早める。オレはなんとなく、先を急ぐ気にはならなかった。
ザッ、ザッ、と重く地面を踏み締める。人間とは違い乾き切った地面が水の到来を今か今かと待ち構えていた。


「鬼鮫」
「はい?」
「雨は嫌いか?」


は?と鬼鮫が間の抜けた返事をする。オレは今までと変わらぬスピードで足を前に滑らせた。
鬼鮫が空を見上げる。その視線の先にあるのは、太陽不在な重い空。

「特段嫌いじゃないですよ。まあ、足元が悪くなって動きにくいのは難点ですが」
「……」
「そういうイタチさんは?」

自分で質問をしておきながら、そう問われると即答できない自分がいた。
あの日まで、晴れようが雨が降ろうが特に何の感慨もなかった。与えられる任務を淡々とこなすだけ。その日々に天気など関係がなかったから。

地面に小さな染みができる。降ってきましたね、と鬼鮫。オレは足を止め、再び空を見上げた。

雨が降る度、オレはあの日に帰る。8年前、伝えられなかった幼い思い。後悔と、諦めと、千切れるような胸の痛み。そして、陽だまりのような暖かさ。

あの日返せなかった傘のことを忘れたことは一度もない。返せる日が来ないことは知っている。彼女もわかっていただろう。

でも、それでも。オレを信じて、いつか必ず返してくださいと言ってくれる彼女のことが、オレは間違いなく好きだった。

手を伸ばして生温い雨を掴む。指の間をすり抜けて落ちて、そして見えなくなった。
それはまるであの日の恋心の様に儚くて、しかしはっきりとオレの腕に一筋のラインを残していく。
恋をした事実は、例えどんなに時が流れようが消えることはない。

自然に口角が緩んだ。それはオレと初めて会った日、慣れないコミュニケーションに苦心していた彼女の不器用な笑顔と似ていた。


「オレも嫌いじゃない」
「は?」
「雨。嫌いではないさ」


鬼鮫は暫くの無言の後、はぁ、と興味なさそうに呟いた。そのリアクションは最もである。オレはやっと”あの日”から”今日”に戻り、真っ直ぐに前を見る。
木ノ葉のうちはイタチはもういない。ここにいるのは、暁のうちはイタチである。後悔も未練もあの日に捨ててきた。今更後ろは振り向かない。

すまない。あの日の傘は、これからも返すことはできないだろう。


もう空は見上げない。オレはひたすら真っ直ぐに前だけを見つめ続ける。
次に彼女に出会う時。オレは8年の時を経てやっと、君にきちんと失恋することができるのだろうか。


.



拍手ありがとうございました!お時間ありましたら感想頂けるととても嬉しいです。コメントはrealにてお返事しています



[TOPへ]
[カスタマイズ]

©フォレストページ