落花流水作品書庫

□小さな世界
1ページ/1ページ

少女はずっと暗闇の中にいた。

物心がつく前から、ずっと。

気付けば地下室で生活していた。

真っ暗闇の世界。少女の知る世界はこれだけ。

少女はいつも孤独だった。

そんな少女の唯一の楽しみは、時々訪れる「姉」と呼ばれるものの存在。

少女は彼女を「お姉さま」と呼び、慕った。

彼女は少女を「フランドール」と呼び、可愛がった。

そんな二人の関係を知るのは、彼女の傍に常に佇む従者の少女だけ。

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ