落花流水作品書庫

□出逢い
1ページ/1ページ

少女はいつも一人だった。

友人と呼べるものの存在はいるが、冬場まで会えないため、いないに等しかった。

そんな少女が出会ったのは、一人の妖怪。

「あなたは食べてもいい妖精?」

無邪気にそう聞いてくる彼女に少女は微笑んだ。

「あたいは幻想郷で最強の妖精だから、食べちゃダメ」

そう云うと彼女は指を口に銜えながら

「そーなのかー」

と引き下がった。

それが、氷の妖精と宵闇の妖怪の出会い。

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ