星光の魔王-シュテル・ジ・エルケーニヒ-

なぜ私なのだろうか――1人の少女の居場所を奪って、私は存在するのだろうか。答えも理由も判らずに、私は『高町なのは』としての運命と対峙してゆきます。――「守りたいもの、ありますか?」

表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ