泣いたらご褒美あげる、

□春とあたしと狼さん
1ページ/3ページ

 「すーの唐揚げ、

  もーらいっ 」

「あ、すみれのお弁当〜……」


 わああああん、
 ひっく、ひっく……


 少女は、へなへなと魂が抜けたか
 のようにその場にへたれ
 こんで泣き崩れる、


 

 「すーちゃん、
  あたしのあげるから」

 「泣かないのすみれ」



 こんなふうに幼稚園のころから

 泣いてばかりだった、


 

 あたしは

 高校生になった今でも

 涙腺が人一倍弱い、

 『泣き虫』、のままだった。




      
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ