TEXT

□金木犀
1ページ/1ページ


「真田。」

部活も終わり、帰る支度をしていると突然、名前を呼ばれた。
振り返ると、そこには柳がいた。

「柳か。何か用でもあるのか?」

「いや、特に用は無いんだが…。」

「では、どうかしたのか?」

俺がそう問うと、柳が少し言いずらそうに下を向いた。

「その、だな…一緒に帰らないか?」

「あぁ、もちろん良いぞ。」

柳の誘いを喜んで受け入れると、柳は少し嬉しそうな顔をしたような気がした。

●●

急いで帰る支度を済ませ、柳と家の方へと進む。
お互い、中々口を開かない事が数分続いた。

「あの…」

先に口を開いたのは柳だった。

「真田、お前には…その、好きな人などは居るのか…?」

予想もしなかった話題に少し驚く。

「…れ、恋愛など、俺には縁の無いものだ。」

俺が冷たくあしらうと、柳は少し悲しそうな顔をした。
「そうか…。」

「柳、今日のお前は少しおかしいぞ?何かあったのか?」

「…何もない。大丈夫だ。」

「むぅ、お前は今、少し何かを考えただろう?どんな些細な事でも良い。言えば楽になる事だってある。」

俺がそう言うと、柳は更に言いずらそうにした。

「…。」

「柳、俺はお前が心配なんだ。このままでは、お前のテニスに支障が出てしまうかもしれないだろう?」

「…分かった。話そう。」

「そうか。では、聞こう。」

柳はいつもは閉じている綺麗に澄んだ瞳を開き俺を見る。

「俺には好きな人が居るんだ。」

「…ほぅ。」

柳は続ける。

「そして、その人は俺を恋愛対象として見てくれていない。俺は失恋をしたんだ。」

「…柳はそいつに想いを告げたのか?」

「いや、告げていない。」

「では、何故失恋したと断言出来るのだ?」

「…だって、その人は…」

「その人は?」

「…お前だから。」

「…。」

何も言葉が出ない。

「これで、俺は良かったのかもしれない。お前に…真田に素直な気持ちを伝えれたから。」

その間にも柳は勝手に話を進めてしまう。

「柳。」

「本当にすまない…。」

「柳、俺はお前を振ってなどいない。」

「?」

柳は不思議そうに俺を見る。

「…俺もだ。俺も柳の事が…好き、なんだ。」

一瞬にして輝きを取り戻す瞳。


そして、俺たちは誰にも見られないように、手を繋いで帰った。


おしまい。

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ