闇の中の蝶

□演習
1ページ/1ページ


《翌日》










「ふぁぁあぁ〜……」



私は眠い目を擦りながら、集合場所である演習場に着いた。

そこには、カカシ先生を除く3人が既に来ていた。



「皆さんおはよ〜!」

「!ようやく来たのね、コハク!!」

「皆、待ってた?」

「当たり前よ!もう、集合時間間近なのよ?!」

「んー………とりあえず、ゴメン」



その後、皆(ナルトとサクラ)と雑談を交わして時間を潰していたけど………………






























《3時間経過》





イライライライライライライラ…





最初らへんはおしゃべりが楽しくって、「先生遅いね〜」って軽い調子で言っていた。

今はもう誰も喋らないで、とても静か。時々風が吹いて草木の音ぐらいしか聞こえない。



─────しばらくすると。



ゆっくりと。そう、ゆっくりとマイペースに歩いてくる人影が見えた。

その人影─カカシ先生─はようやく集合場所に登場した。

そして一言。





「やぁ、諸君!おはよう!!」

「「「おっそーーーい!!!!!!」」」



私達はすぐさまカカシ先生を怒鳴りつけた。

私達の担当上忍は初っ端から、集合時間の3時間後に登場するという大遅刻をかましてきた。

待っていたこっちの身になって欲しい!3時間って結構長いんだよ!!?
 

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ