ルームシェア☆嵐家


気象グループが1つの家で暮らすお話です。

主人公は高校2年になりたての女の子。
その子は両親が海外で仕事をしているため、日本で1人アパート暮らしをしていました。

ある日、毎週電話をかけてくれるお母さんから言われた一言。

『あなた、ルームシェアしてみない?』

それから始まる波乱万丈はちゃめちゃストーリー!





「...釣りいきたいなぁ?」



「いつもありがとう」



「夕飯唐揚げがいい!」



「あなたのお陰で毎日楽しいですよ」



「みんな寝てるうちにこっそり出掛けねぇ?」







このお話は全てフィクションです。
クレームなどは一切受け付けておりませんm(__)m

【気象グループが苦手・荒しです】そんなかたはお帰りください...。

表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ