血桜吹雪少女






ある殺し屋はいった
「私は、罪を下すことはできない」






ある大空のボスはいった
「なら、俺がおろしてあげる」






そして殺し屋は大空のボスの罠にはまることになる

その手をとってしまったのだからね・・・





ねぇ、目をそらしたら終わりだよ





目をそらさないで・・





さぁ始まる







悲劇のような、恋のような





物語が・・−−−






まだ、完璧に編集し終えたわけではありません。
間違ってるところや、名前変換がぐちゃぐちゃになっているかもしれませんが、ご了承ください


表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ