闇と光

孤独に耐えながら

暗闇をさまよい

光が射す場所へ

いつの日か…

たどり着けたらいいのに。

プロフ

存在。

介護記録。







ブックマーク|教える
訪問者296人目




©フォレストページ