short

□君限定
1ページ/1ページ

「あ、翔ちゃん!」

「おう。お疲れ……って、おわっ!!」

「はあ……。3日ぶりの翔ちゃん。癒されるー」

「おまっ、離せ未琴!」




寮の廊下で俺と目が合うと、一目散に駆けてきた未琴に抱きつかれた。
いつもながら、俺の胸板に頬を寄せて幸せそうに笑う姿に顔が熱くなる。
口では離せと言っても、本当にそうされたら真っ赤なこの顔が見られちまうし、未琴の柔らかい温もりを感じられなくなる。
悶々と考えていたら頭から湯気が出そうだ。




「今日ね、翔ちゃんに話したいことがたくさんあって。……あ、でも」

「ん、何だ?話聞かせろよ」

「うん。色々あったんだけど……翔ちゃんの顔見たら嬉しくて忘れちゃった」




ふにゃりと笑いながらそんなことを言ってのける未琴はズルイ。
ファンやその辺の男ならイチコロだろう。
さすがに俺でも勘違いをしてしまいそうになる。




「なあ、未琴」

「んー?なぁに」




甘えた声に上目遣い……。
耐えろ、耐えるんだ俺!




「そ、そのだな」

「うん」

「そうやって軽々しく抱きつくのは、その……すっ、好きなヤツだけにしろよ」

「うん」

「男って単純だから、すぐ勘違いとかしちまうし……」

「わかってるよ」




いやわかってねぇだろっ!
と、つっこみたいのは山々なんだが、純真な瞳を向けて首を傾げる未琴が可愛すぎて俺には出来ない。
つーかそれだよ、それ!
都合よく勘違いするからマジやめてくれ。




「勘違いされてもいいし、私だって誰にでも抱きつくわけじゃないよ」

「は?」

「翔ちゃんだから……だよ?」




顔を隠すように俺の胸におでこをくっつける未琴。
少しだけ見えた頬が赤く色付いていたのは、俺の都合のいい勘違いじゃない……よな?
今まで抑えいた気持ちが溢れて、俺は初めて未琴を抱き締め返した。

未琴の言葉の真意を知るのは、もう少し先の話。







(未琴ちゃん今日も可愛いです!ギューッてしてもいいですか?)(なっちゃんは苦しいから嫌)(じゃあレディ、俺の胸に……)(下心丸出しで話しかけてこないで)

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ