short

□メーデー
1ページ/1ページ

−もし、オレがこの眼を失くしたら……。




時々、そんなバカみたいなことを考えることがある。

オレは緑間みたいなシュートが打てるわけでも、先輩たちのように血の滲む努力を続けてきたわけでもない。
ただちょっと特殊な目を持っているだけ。
それ以外に大した特技もない。

だから不意に漠然とした不安を覚える。
強豪と謳われる秀徳高校バスケ部に、オレは必要ないんじゃないかって。
オレの代わりなどいくらでもいるのではないか、と。




「和成が鷹の目を失ったら、ねぇ」




いつだったか、それを未琴に話してみた。
そうしたら目の前のコイツは、読みかけの本から目を逸らすこともなく、事も無げに言葉を紡いだ。




「そうしたら、私が手を引いてあげるよ」

「……え?」

「ふらふら迷子になった和成を見つけて、私が手を引いてあげる」

「未琴……」

「そんで、こわーい宮地先輩に轢かれちゃえ」




いつの間にか未琴の強い瞳がオレを見つめていた。
その瞳と言葉に、オレは声が出ない。

未琴はオレを見つけてくれると言った。
どんなオレでも、同情するでも慰めるでもなく、ただ存在を認めてくれると。




「心配しなくても、和成が頑張っていることは知ってるよ。私も、みんなも」

「……」

「少しはチームメイトを信じなさいよ。ばかずなり」

「……ああ。さんきゅ、未琴」

「ん。…………それから、」




―少しくらい私を頼って。




抱き着きながら小さく零れた未琴の本音。
彼女なりの不安のサイン。

オレはもう十分すぎるほど未琴を頼っているつもりなんだけどな。
弱みを見せられるのなんて未琴くらいだし。
けどコイツが気付いていないなら何度だって伝えてやる。
まあでも、きっと口で言ったって伝わんないんだろ?




「未琴」

「何、和な……んっ」

「オレはお前が笑っててくれれば十分」

「……バカ」




未琴が何かを呟いたと思ったら二人の距離がゼロになる。
すぐに離れていく未琴の顔に目を見開くオレに、未琴は綺麗な笑顔をくれた。




―私だってそうよ。







(それは)(強がりな二人の)(見えない救難信号)

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ