short

□翔くんと期末テスト(+オマケ)
1ページ/2ページ

「あー。うーん……はあ」

「翔、うるさいですよ。黙りなさい」

「あ、トキヤ。お前は来月の期末試験大丈夫なのかよ」

「愚問ですね。私は予習復習は欠かしませんから」

「げ……」




期末試験まで2週間と迫ったある日の放課後、私の席の後ろからそんな会話が聞こえてきた。
どうやらパートナーの翔くんはお困りのようで、私の手は無意識に机の中に伸びる。
そこには少しでもお役に立てたらと、要点をまとめたノートが入っている。
良かったら使って。そう言うだけでいいのに、なんて意気地がないの、私!




「じゃあトキヤ、俺に勉強教えてくれよ」

「嫌ですよ。翔のために割く時間が惜しい」

「んだよ、冷てぇな」




あ、トキヤくんが教室を出て行きました。
今がチャンス!
い、今が……チャン、ス…………あああやっぱり無理!
断られたら、と考えただけで泣きそう。




「一人で百面相してどうしたんだい、レディ?」

「れ、レンくん。これは……その」

「そのノート、おチビちゃんに渡したら喜ぶと思うけどな」

「え?レンくん何で知って……」

「レディのことなら何だってお見通しさ。……ねえ、レディ?おチビちゃんにそれを渡さないのなら、オレにくれないかな?」

「だっ駄目です!これは翔くんのために…………あっ」




必死になった声が、まばらになった教室に響いてしまった。
当然それは名前の上がった彼にも聞こえてしまうわけで……。
きょとんとしながら近付いてくる翔くんを見て、私は数秒前の自分を恨んだ。




「お前ら何の話してんだ?」

「しょ、うくん」

「レディがおチビちゃんに渡したいものがあるらしくてね」

「!」

「じゃあ、オレはこれからデートだから」




何てことを言い逃げしていくの、レンくん!
と、無言で訴えたら、彼はウインクを一つして口パクで「頑張ってね」と応援してくれた。
ああ、レンくんは本当に周りを見ているんだと感心する。
この状況はやめて欲しかったけれどもね。




「なあ、渡したいものって?」

「え……あの、これ」

「ノート?」

「授業の要点とか、覚えなきゃいけないことをまとめてみたの。よ、良かったら……」

「これ、お前がまとめたのか?」

「うん……」

「スゲー!超綺麗じゃん。ありがとな!」




ああ、翔くんの満面の笑みが眩しい。
それが見れただけで私はもう満足です。




「あ、あのさ。お前さえ良ければ一緒に勉強しねぇ?」

「一緒に、お勉強?」

「その……一緒にやった方がはかどるし、俺がお前といたいっつーか」

「うん。私も翔くんとお勉強したい」

「マジで?よっしゃー!!」







(つっても、どこでやるか)(あ、じゃあ私の部屋はどうかな?)(は?!)(大丈夫、同室の子辞めちゃったから)((いや全然大丈夫じゃねーし))
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ