short

□おひさま少年
1ページ/1ページ

「ねぇ、音也。ぎゅーってして?」

「いいよ。未琴、こっちおいで」




無邪気に笑って手を伸ばす音也に近付けば、優しい温もりに包まれた。
毎度のことながら、あったかいその腕に幸せを感じる。




「ふふっ」

「未琴?どうしたの」

「音也の匂いがする」

「俺の匂い……って、どんな?」

「あったかい太陽みたいな匂い。…………すごく、落ち着く」




音也の胸板に擦り寄れば、私を抱きしめる力が強くなった。




「それなら未琴はひまわりね」

「向日葵?」

「うん。未琴には、ずっと俺だけを見てて欲しいから」

「音也……」

「わっ!おっ俺、今スゴくガキみたいなこと言っちゃった」




音也は真っ赤に顔を染めながら恥ずかしそうに頬を掻き、片手で私を抱き寄せる。
顔は見えなくなってしまったけれど、いつもより速い心拍数は正直だった。
素直な音也が愛しくてたまらない。

だから些細なこの時間が、すごくすごく幸せ。




「やっぱり、音也が太陽は嫌かも」

「何で?」

「だって……太陽は皆のものだから。私なんか沢山の花に紛れちゃう」




馬鹿げたことを言っているのは自分でもわかってる。
けれども音也は、そんな私の言葉を笑うことなく聞いてくれた。




「世界中にどれだけ多くの花があっても、俺は未琴を選んだんだよ。だから、どこにいたって君を見つけてみせる」




アイドルを目指す音也にはあるまじき台詞だけど、私は涙が出そうなくらい嬉しかった。







(大好きだよ、音也)(俺も未琴が好きだよ)(おひさま少年)(ひまわり少女)

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ