君影草

□04
1ページ/1ページ

夜中、街も寝静まった頃。
近江の空を一人の忍が音もなく駆ける。
そして曇家の屋根裏に忍び込み、天火の部屋の上まで来ると絶っていた気配を現した。
天火と鈴蘭もそれに気付き、振り返りながら笑みを浮かべた。



「おう。お帰り白子」

「お帰りなさい」

「ただいま」

「どうだった?」

「今のところ動きはないみたいだ」

「……そうか」



白子とのやり取りに天火は考え込む。



「空丸達は?」

「とっくに寝たぜ。今日は濃かったから疲れたんだろうよ。手当ては鈴蘭がしてくれたが、明日一応診療所に行かせる」

「空丸、あの事思い出したのか?」



あの事、と云った白子に鈴蘭がぴくりと反応する。
空丸の首筋にあった傷と、何かに怯えるような様子。
手当てをしながら鈴蘭の脳裏に過った想像は、残念ながら現実のものらしい。



「兄上、まさか……」

「いや。首絞められた事で断片的に蘇ったんだろ。出来ればこのまま忘れててくれよ」



目を伏せて遠くを見つめる天火に、鈴蘭は内心ほっとした。
どうやら最悪の事態だけは免れたようだ。

あんな哀しい出来事、思い出す必要なんてない。



「っと、悪いな。毎回厄介な事ばかり頼んで」

「こんな事しか出来ないけどな。俺に出来る事ならどんどん使ってくれ」

「白子」

「阿呆か!使ってんじゃねぇ、頼ってんだ」



ガスッと机の下から白子を足蹴にする天火。
鈴蘭も同じ事を考えていたため、彼の暴力を止めなかった。



「白子、外は冷えたでしょう。今温まるものを持って……兄上?」

「だいじょーぶだ!これがあるからな。おら、付き合え」

「天火、空丸にまた怒られるよ」



これ、と云って天火がちらつかせたのは酒瓶。
白子は眉を下げて笑いながら天火を窘めた。



「なら何か摘まめるものを持って来ます」

「おう!頼むわ」

「え、いや……今日はちょっと」

「きーこーえーねぇー!!明日は仕事ねぇし!なっ!?ちょっとだけ」

「……ちょっとだけだぞ」



結局、白子が折れてお猪口を手に取る。
天火は嬉しそうに満面の笑みを浮かべた。

酒の肴を持って来た鈴蘭も強制的に加えられ当然、ちょっとだけ、ではない酒盛りになった。



「呑ませ過ぎだよ、天火」

「すぅ……」

「だってぇ、鈴蘭酔うとちょー可愛いんだもん。いや、いつも可愛いけどな」



酔いが回って寝てしまった鈴蘭を眺めながら、天火はだらしなく頬を緩める。
そんな天火を若干呆れたように一瞥した白子は、彼の膝で眠る鈴蘭を抱き上げた。



「だからって……。ほら、俺は鈴蘭を部屋に運んで休むから、天火も早く寝なよ」

「いや!鈴蘭は俺が運ぶ!」

「ふらふらしながら何云ってるの。途中で落としたりなんかしたら、空丸達に怒られるだけじゃ済まないよ」

「うぐ……」

「じゃあ、おやすみ」

「おう」



駄々を捏ねる天火を何とか云いくるめて鈴蘭を運ぶ白子。
今は幸せそうに眠っている鈴蘭だが、気苦労が絶えないのだろう。
うっすらと目の下に出来た隈に、こちらの方が心配になる。

だからせめて今だけは。



「良い夢を、鈴蘭」



まるで願を掛けるように白子は鈴蘭の額に口付けを落とす。
一度だけ振り返ってから、部屋を出て隣りにある自室へ向かった。

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ