T w i l i g h t R o m a n t i c
悔やんで泣いた夜さえ

愛しむ日があるとしたら

騒音に耳を澄ます

今がその時なんだって






「どこまでだって僕らは行ける

何者にでもきっとなれる」



"儚"を必ず読んでね



ふとしたらえそうで
げにみえる仕草も
優しい
にも
れる嘘の蜜がある


ひらりと舞いおどる

終わら輪舞
しなやかに
うよ
羽をひろげ
しく
から
ただ誇ら
くあるがいい
びまわれ

.


ブックマーク|教える
訪問者62694人目




©フォレストページ