A

□バスロマンス
1ページ/12ページ

魔王率いる立海R陣に内緒で六角へお使いへ


勢い良く出てきたが初っぱなから迷ってしまった


頼りの地図は役立たず


唯一の移動手段はバス


だけどもバス停が見当たらない


そんな困り果てた二人に救世主が現れた


新たなお供を引き連れて停留場を目指す御一行


気を取り直して任務を遂行させよう!








アイス「父さん妖気です。甘くて香ばしい素敵な香りが漂っています」

神「父さんって俺?妖気じゃなくてただのカフェだよアレは」

アイス「もう!鬼太郎ってばノリ悪いよぅ…つまんない」

紗奈華「あらあらフラれちゃったわね、アイスはノリがいい人が好みだから」

神「何!?」

伊「アキラ脱落。赤ずきんはつまんない男は嫌い…ね、学習学習」


付近のカフェから漂う甘い香りの誘惑



アイス「わっ、お隣はジェラートだ!美味しそう」

紗奈華「その真横のクレープ何かもよくない?此処はスイーツ天国ね」

杏「どれも女心を擽るモノばかり!!どれにしよう…」

アイス「私決めた!ねぇ大仏さん、チュロスが食べたいな!」

橘「え?」

紗奈華「アタシもクリスピードーナツが欲しいわ大仏様!」

橘「欲しいって…ええ!?」

アイス・紗奈華「ゴチになります!!」

神「Σ橘さんにたかるな!!」


キョロキョロ見渡しながら互いに食べたいモノを絞り抜く


決まれば即座に仏の橘に挙っておねだり


一見は両手に花



杏「チャンスよ兄さん!アイス先輩とお姉様のお願いを叶えてあげたら好感度上がるわよ」

橘「いや奢ってやりたいのは山々なんだが今月はピンチで;;」

アイス「ピンチって?」

紗奈華「あら本当。意外に持ってないのね…でもギリギリ足りるわよ?」

神「お前は鬼か!」



悲しいお小遣い事情


すかさず紗奈華が財布の中身をチェックする


リアルに寂しい中身だが、黒ずきんちゃんは容赦なし



紗奈華「ごめんなさいね。無理にとは言わないわ…でも此処でなけ無しの小遣いを叩いてくれる男って素敵よね」

橘「そ、そうか?」

紗奈華「えぇ…だけどピンチなんでしょ?諦めるわ」

橘「や、その必要はない。俺も男だ…何でも好きなモノを奢ってやろう!」

紗奈華「あら良いの?今のあんた素敵よ♡有り難う(チョロいわね←」

橘「男に二言はない//」

伊「…何か良いように使われてる!?黒ずきん恐るべし…」


紗奈華の素敵発言に惑わされる橘さん


全ては愛ゆえの自爆
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ