A

□ジェラシー
1ページ/8ページ

合宿7日目───


昨日は昨日で練習抜きで夏休みの課題に捧げた


お陰でR陣は大量にあった課題を僅か一日でクリア


一方アイスと紗奈華は部屋に閉じ込められていた


跡部により出題された課題が解けないままだった…が








アイス「景ちゃ〜ん!」

跡「Σグハッ…」

アイス「‥あ、ゴメンちゃい」

跡「殺す気か;;」


練習開始直後に悲劇が起きた


今日は氷帝と立海は合同練習


担当はアイス


コートに向かう跡部目掛けてアイスが正面から突っ込んできた


アイスはハグのつもりだったが身長差故に見事に鳩尾



仁「こらアイス、抱き付く相手を間違っとるよ。今すぐ離れんしゃい」

アイス「うおぉニオくん?」

仁「今から部屋に戻ってじっくりお前さんが誰のモンなんか教えてやる」

アイス「え?あっ、何?幸村くんに怒られちゃうよ」

仁「そう心配しなさんな、アイスが大人しくしとったら直ぐ終わるき。痛いことはせんって約束するけぇ」

アイス「その笑顔が怖いよ;;景ちゃんも怖いよね?」

跡「え?ああ…(やっぱコイツ等デキてんのか!?)」


詐欺師乱入に動揺を隠せない帝王


やって来るなりアイスを引き剥がしては抱き上げ連行


二人のやり取りにショックと苛立ちが交差する



跡「ちょっと待ちやがれ!ソイツに妙な真似したら殺す!」

仁「ピヨッ!?何で追い掛けて来るんじゃ?」

アイス「景ちゃんは追いかけっこ好きだもんね!紗奈華ともよくやってるし」

跡「好きでやってんじゃねー!!その鈍さ少しは直せ!」


アイスを拉致る仁王を全速力で追い掛ける
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ