虹色世界の流離潭

□Prelude 2
1ページ/4ページ


月子が人生何度目かの転校をしたのは、まだ暑さの残る夏休み明けだった。この時点では、まさか自分が見たこともない世界へ迷い込んでしまうなど、もちろん夢にも思っていない。

ただ、別のことを彼女は心配していた――生まれながらに持っている、自分の奇異な、力のことを。

両親さえ知らないこの秘密がばれるのではないかと、転校する数日前から、月子は異様におびえていた。十四年間隠し通したことが、光の元へ無理やり引っ張り出されて糾弾されるのではないかと、彼女の頭はそのことばかりを占めていた。

今振り返れば、あれは何かしらの予感を、知らず知らずのうちに感じ取っていたのだろう。


○○


「月子、大丈夫?」

夕食の時間、ぼんやりとしていた月子は、母に不思議そうに名を呼ばれ、我に返った。


「あ、う、うん……ちょっと、考え事してて」

曖昧な言い回しで返事をする。そのせいか母は、娘が新しい学校生活になじめるかどうか、不安にさいなまれているのだと勘違いをした。

「あんまり気負いすぎると、疲れちゃうわよ? もう少し楽にしたら?」

「うん、そうだね」

これまた曖昧な笑みで返す。母の優しい忠告は、少し心には残ったが、根本からの不安を取り除いてくれるわけではない。

月子は、飲みかけの味噌汁に目を落とし、小さくため息をついた。



――月子は、風を操ることができる。

彼女の思うとおりに、風は手のひらの上で生まれたり、消えたりするのだ。それだけでなく、指図すれば空中をかけめぐるし、強弱や速さもある程度は調節ができた。

ただしこの力は、石を持っていないとうまく使えない、という制約がある。

月子がまだ幼く、それこそ最初の記憶が残っている時分から、石は彼女の側にあった。どうやらその石は両親にも見えていないようだし、保育園や小学校の友人も視認はできないようだった。

石は月子に寄り添うように傍にいることもあるかと思えば、気まぐれに彼女の元を離れたりする。そのたびに月子の心は乱れた。長い時間あちこちをひっくりかえして、ようやく水色の石が姿を現した時は、心底安心したものだ。深淵の夜の闇で、満月を見つけた時のように。

月子は石に振り回されている。けれど、石がなければ不安にさいなまれる。

そんな日々を、彼女は生れてこの方、ずっと送っていた。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]

SNSアイコン描きます




カスタマイズ


©フォレストページ