虹色世界の流離潭

□Stage 4
1ページ/12ページ


「星の光が、さえぎられている?」

弦稀は、イレウスが言ったままを反芻し、眉根をよせた。不審そうな少年へ、老人はゆっくりとうなずく。

「星がそこに存在するのはわかります。はっきりと感じ取れるのです。しかし、その光が見えないのです。これは、私の力が衰えたのか、あるいは……」

「あいつの身に、もう何か起きているかもしれない、ってことですか」

老人の無言が、答えだった。

弦稀はいきおいよく立ちあがり、出口へと体を向けた。しかし何度か床を踏んで、結局腰を落とす。強く握った拳を額にあて、いらただしげに息を吐いた。

「何がそこまで、ツルギ様を不安にかきたてるのですか?」

困惑よりは疑問を多く混ぜた問いに、弦稀はため息をつく。

「……あいつは、自分が石を持っていて、他人とは違うという事実を、異常なほどにに怖がってました。それが気になって仕方がなくて」

「ふむ、そうおっしゃいますが、石の存在を受け入れがたいのは、ツキコ様も同じでは?」

弦稀は、彼女との初対面の時を脳裏に思い浮かべる。わざと値踏みするように眺めていた自分へ、怯みながらも睨みつけてきた、あの姿を。

「風賀美は気が強い分、放っておいてもある程度は平気だと思います。でも、真守の奴は……」

うなだれたまま、弦稀はこぶしを強く握った。

「あいつは俺と初めて出会ったとき、驚いて攻撃してきたんです。石を見せても、俺が力を使ってみせても、一緒の境遇にある仲間だと、受け入れてはくれなかった。あいつは、ただ脅えて恐れていた。自分が疎んでいる部分へは、たとえ誰であろうとふれてほしくなかったんです」

イレウスが、考え込むように瞼を閉じる。

「俺は、真守の気持ちに気づいてやれなかった。そのせいであいつを、怖がらせてしまった。だからもう、あいつを傷つけるようなことはしたくない。あいつを一人に、したくないんです」

やりきれない、という風に、弦稀は拳で床を殴った。

「真守に孤独を捨てさせたのは、俺だ。だから、俺はあいつを一人にしちゃいけないんだ!」
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]

ライブ配信アンケート




カスタマイズ


©フォレストページ