虹色世界の流離潭

□Stage 3
1ページ/13ページ


月子は、教室に一人きりでいた。

鋭い夕日の差し込む、橙色に染まったそこで、彼女は一人きりだった。

つい先日転校してきた、新しい教室をその瞳に映しながら、もやのかかった頭で考える。

そういえば、自分はどうしてここにいるのだろう。今日は真っすぐ、家へ帰ったはずだったのに。引っ越してきたばかりの、あの新居へと。

そうだ。確か帰り道、重苦しい気持ちを抱え、いろいろと考えをめぐらせていた。そして突然現れたあの憎らしい少年と言い争いになって、その後、は――

ずきっと、こめかみに小さな痛みが走る。

「違う。私は、いつも通り家に帰って、テレビを見て、宿題しなさいってお母さんに怒られて……え?」

今、勝手に口が動いた。月子は恐る恐る唇に触れる。

彼女の意志とは関係なく、今言ったことを事実だと思い込ませるために、誰かが月子に言わせた。そんな奇妙な違和感があった。

教室は静かすぎた。外の雑音すら、耳に入ってこない。廊下からも、窓の外の校庭からも、誰の息使いも足音もしない。

月子の肌に、徐々に鳥肌が立ってくる。

まさか、自分はここに一人で放りだされたのではないだろうか。

自分がよく知っているそっくりな世界を作り上げた、悪意を持った第三者が、月子が戸惑いおびえるのを楽しむために、置き去りにしたのだろうか。

そこまで想像を飛躍させて、脳裏にある光景がきらめき、月子は首をぶんぶんと振った。

「違う……私、あいつに助けられて、それで……」

まだ名前を覚えていない、顔がきれいで非常識で、でも、優しかった少年。

己の両腕よりも、月子の足首の怪我を気遣った彼。一体今、どこにいるのだろう。

月子は教室内を見渡し、やはり人影がないことを再確認し、一歩へ踏み出した。

その時、前触れなく扉がひらき、思わず悲鳴をあげそうになる。

「真守、いないのか?」

あらわれたのは、月子が思い描いていた、まさにあの少年だった。

名を呼ぼうとして、口を噤む。相手の名前がわからないとは、何と不便なことなのだろう。やはり、最初にしっかり聞いておくべきだったのだ。

と、そこで、月子は違和感に思い当たる――彼はもしかして、自分の姿が見えていないのか?

先ほどから、「真守」の名しか口にしていない。

月子だけがいる教室内を、いもしない友人を探し、必死に首をめぐらしている。

「あ、えっと……」

「先に、帰ったのか?」
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]

毎日ブログ更新するのって意外と大変です。




カスタマイズ


©フォレストページ