□ブックタイトル
BATTLE×TENNIS

□執筆開始日
2009年04月20日

□カテゴリー
小説
 ドリーム

□概要


フリーの殺し屋は雇われ
ある人達を護衛する

合宿所へ行く途中乗っていたバスがジャックされ睡眠ガスで眠らされ見知らぬ島に……

そこには一緒に合宿するはずだった他校の人達

首には小型爆弾搭載のリング


「此処に集められた貴方達にはこのメンバーで殺り合ってもらいます。」


私のよく知る声で放送されたソレは皆の狂気を呼び覚ますものだった


「私は殺られても死なない」


始まった死のゲーム

生き残れるのは……
死ぬのは一体誰なのか…………



×B.Rパロディ

□読者へのメッセージ
庭球×酒(酒のキャラは出るか分かりません)


貴女は、氷帝男子テニス部のマネージャー
そして、テニス部彼等と共にB・Rの参加者になる。
参加校は
青学・氷帝・立海のレギュラーと貴女のみ

そして貴女の裏の顔は
何百年と生きる不死者。

.


[戻る]
[TOPへ]





カスタマイズ


©フォレストページ