短編

□河童のガータロ
2ページ/11ページ



ある日、おらは一人で川で泳いどった。


すると、村の子どもが一人、川の水を汲みに来た。おらは慌てて、川の中に潜って身を隠した。


子どもは桶に水を汲んで、それを持ち上げ歩き出した。


そしたら、桶が重かったのか、子どもはすてんとひっくり返った。


おらは、子どもに見つからないようにそーっと身をのり出してみた。


子どもはしくしくと泣いている。見ると、足のひざこぞうが擦りむけて、血が出ていた。


かわいそうに……痛かろうなぁ……。


あんな傷、おらの持ってる「河童の軟膏」を使えば、すぐ治るんだけどなぁ……。
んだどもなぁ、ノコノコ出ていくわけにもいかんしなぁ……。


子どもは、泣きながら立ち上がってまた川の方へやってきた。


川の水で、怪我した所をあらっている。


涙がぽろぽろ流れるのが、かわいそうで、かわいそうで……。


おらは、ついに我慢できなくなって、子どもの前に出ていってしまった。





 
次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ