Book

□バレンタインデー
1ページ/1ページ

……圭一くん、圭一くん。
大好きな圭一くん。
レナは何時だって圭一くんを見てたよ。
お勉強の時、わざとわからないふりしてたの、気付いてたかな、かな?
 
「ねぇ、圭ちゃん」
 
「ん?」
 
圭一はシャープペンを机に置き、後ろに身体ごと振り返る
 
その声、好き
 
圭一くんは…?
 
「なんだよ、魅音。わからないとこでもあるのかよ」
 
「圭ちゃん。もうすぐバレンタインだよね、圭ちゃんはレナと梨花ちゃんと沙都子と私のチョコ、どれが欲しい〜?」
 
意地悪な質問をする魅ぃちゃん。
どうせ…圭一くんは、レナのを選ぶに決まってる。
 
…魅ぃちゃんをからかいたいから。そうやって圭一くんも魅ぃちゃんもいつもレナを傷つける。
ねぇ、何で私を見てくれないの…?
一番圭一くんを見てるのは、レナなのに…。

「レナと梨花ちゃんのだな。レナのは甘くとろけそうだし、梨花ちゃんもシンプルそうで、でも積極的…そんなイメージがあるからな!」

「レナはチョコなんて作らないよ」

その場が白ける。
チョコなんて……作りたくない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
結局、作ってしまった。
でも、渡したくない。渡せない…。
 
だって、圭一くんはどうせ…
魅ぃちゃんしか見てないでしょ?
 
END.
 

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ