Book

□ひぐらしのなく頃に 心無し編
1ページ/1ページ

ねぇ、神さま。
もし私が女の子らしかったら、圭ちゃんは私を女の子として見ていてくれただろうか。






ねぇ、圭ちゃん。
私…本当は圭ちゃんの事…─────。









「圭一くん、おっはよー!」

「おー」

俺の名前は前原圭一。この雛見沢に引っ越してきた。まだまだ引っ越してきてから二週間しかたっていないが、一応学校の奴等とは慣れた。

「あわてて来たのかな、かな」

「いつも早いよなー、たまには寝坊してもいいんだぜ」

「うふふ、レナがお寝坊したら圭一くんを待たせちゃうじゃない」

こいつは竜宮レナ。変わってるのは名前だけじゃないという事は、見ていればわかる。
くすくすと笑うレナを横目に、いいこと思い付いたぜ。

「そん時ゃ置いてく」

「えぇっ!!?何でなのかな、何でなのかな!いつも待っててあげてるのに〜…」

今度は俺がくすくす笑う。レナはすぐ本気にしておどおどハラハラ…とっても忙しそうに大慌てする。

「…嘘だよ。レナが来るまで、俺はずーっと待ってるよ。……いつまでも」
 

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ