小説『好きになってください』

□第1話『邂逅する動揺A』
1ページ/3ページ

【1-F】

ユズキが教室をでて、
マコトは再び、ひとりになった。


マコト
「…っ」



マコトは、あぐらで俯いたまま

あふれる涙を必死で拭っていた。


ユズキが俺の頭をさわった瞬間、
自分でも驚いた。

決壊してあふれてくるかのような涙を感じて、あわててユズキを追い出してしまった。


見られたくない。


まるで、ユズキがふれただけで
安心しきった気がした。

それほどショックでもないと思っていた失恋に、
おかしいほど悔しさや、
哀しさが正直に迫ってきてどうしようもなかった。

不思議だった。

それでも、人前で泣けなくて…

あんな態度、ユズキはわけがわからなかったはずだ。

出会ったばかりなのに

話をしてくれたことも、
手伝ってくれたことも、
友達になれたことも、
えらいと言ってくれたのも

うれしかったのに。


それが、ユズキでよかったと
思っていたのに。


マコト
「…ユズキ」


明日、あやまろう。
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ