NOVEL

□ワインに口付けを/骸雲
1ページ/1ページ

ワインに口づけを









「ヒック…‥骸、もう飲めない///」

「クフフ、もう酔ってしまったんですか?」

「酔ってなんかないよ…///」



完全に酔ってますから。まさか雲雀君がこんなにお酒に弱いなんて…‥


嗚呼、

頬は桜色


ワインの様に赤い唇


潤む瞳


漏れる吐息


……‥、

全てが僕の欲を掻き立てる。

だめです。



今の彼は危険です‥…

でも…‥彼があまりにも

美しすぎる、
‥…だめだ…


こんな彼は危険すぎる。


「骸?どうし、たの…?」

「い、いえ」


嗚呼、



彼は妖艶だ、



いつの間にか胸の中に抱き留めてしまった。

ワインの香り

雲雀君の香り

全てが僕の欲を駆り立てる



だめ…です。



いまこの手を離さないと



彼を壊すほどの愛が



コボレテシマウ…‥






「ねぇ、むく…‥んッ、ぁ?!///」

「ふッ‥…ん、雲雀…君」






ちゅ、ちゅ、と甘い妖艶な唇を啄む

ふにッ、と柔らかい雲雀君の唇は


僕の理性を崩壊する



「は、んッ…骸、まッ…///」

「雲雀君…」






彼は酒に溺れ





僕は君に溺れ



理性が崩壊し、
崩れ落ちる…がらがらと


僕のなかで大きな音と共に











彼は危険



だめ…‥

近づかないで
壊してしまいそうでコワイ


だめ…
近づいたら
溢れ出る愛で




押しつぶしてしまいそう












それでも……‥

























アイシテ……‥

クレマスカ?

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ